厄除け日記 (by Kばやし)

厄除けのように、好きなことを集めて書きます。 30代。 俳号は軽囃子(けいばやし)

カテゴリ: 文化放送

妻君が小さなクリスマスツリーを飾りました。
FullSizeRender

とはいえ、ずっと前から私は、クリスマスというものに対して腑に落ちないでいました。
このごろは、街中のクリスマスイルミネーションや浮かれムードが当たり前になり、自然と受け入れてしまっていました。
しかし、20才前後のころの私は反骨的で、クリスマスの街に出るたび舌打ちをしていたものです。

================

話は変わりますが、
文化放送の「伊東四郎・吉田照美 親父パッション」というラジオ番組について書きたいと思います。
「親父パッション」の中に「親父大学」というラジオコントのコーナーがあります。
吉田照美(教授)が伊東四郎(生徒)に講義をするという設定。

年末になると、このコーナーで恒例のやり取りがあります。
ちなみに、去年の放送はこんな感じでした。

伊東四朗「おい教授、12月24日と25日は何の日か知っているか?」
吉田照美「クリスマスイブとクリスマスでしょ」
伊東「バカもん!12月24日は『納めの地蔵』だろうが!そして12月25日は『しまい天神』!」
吉田「『納めの地蔵』?そんなの知りませんよー」
伊東「じゃあ12月19日と21日は何をしてた?」
吉田「そんなの覚えてませんよ」
伊東「なにー!?19日は『納めの観音』、22日は『納めの大師』。教授はどこの観音様と大師様にお参りしたんだ?」
吉田「え!?お参りなんかしてませんよー」
伊東「バカもん!」

(※私の記憶に基づいて書き起こしましたので、微妙に違っていると思いますがお許し下さい)

================

私はクリスマスになると、浮かれムードについていけず重い気分になっていました。
伊東四郎による、12月24日は「クリスマスイブ」ではなくあくまで「納めの地蔵」なんだという、世間へ冷や水をぶっかける一言。
いやあ、爽快でした。
クリスマスという「暗黒世界」に、お地蔵様が現れ、後光で世界を照らしてくれたがごとしです。

================

先週の日曜日、4才になったばかりの息子と「ゲゲゲの鬼太郎」を見ていました。
来週の予告編を見て、私は仰天しました。

IMG_2119
IMG_2120
IMG_2123
IMG_2118
私は飲んでいたお茶を噴き出しました。
目が点になる息子。

さすが鬼太郎。
ポカンとしている息子には、「悪い子のところへは、妖怪のサンタさんが来るからね」と言いました。

================

ある日の信濃毎日新聞。
FullSizeRender
CWニコルがサンタの格好をして、福祉をしているという記事。

クリスマスの影で悪さをしている連中は、そのうちCWニコルの餌食になるでしょう。
CWニコルのヒゲと髪が伸びて体に絡みつき、生気を吸い取られ骨と皮だけになってしまうのです。

================

伊東四郎(地蔵)とCWニコル(サンタクロース)のお陰で今年も平和にクリスマスを迎えられそうです。
mixiチェック

ついに来たか、という気持ちです。
永さんが長年続けてきたラジオ番組を降板することになりました。
(毎日新聞)

(信濃毎日新聞)

私は永六輔周辺文化が好きで、永さんのラジオ番組を愛聴してきました。
その番組の冒頭で永さんが、外に中継に出ているラッキー池田に向かって元気に「ラッキー!?」と呼びかける、このお決まりやりとり、いまとなれば懐かしいですね。

================

最後に永さんがラジオに登場したのは、2月の放送だったと思います。
永さんは背中の手術をしたばかりで、朦朧としながら車イスでスタジオに登場します。

車イスで現れた永さんに、毒蝮三太夫は「永さーん!!永さーん!!分かりますかー?」と大声で至近距離から呼びかけます。
すると、
永さん「(か細い声で)ラッキー・・・・・・」
渾身のギャグなのでしょうか、私は噴き出してしまいました。
と同時に永さんにはもうラジオのパーソナリティは難しいと悟った瞬間でもありました。

2月から休んでいて、6月に降板が決まりました。

================
================

今週、文化放送の大竹まことゴールデンラジオを聴いていると、ゲストが小林信彦先生でした。

信彦じいさんが久々にラジオに登場するとなれば、聴かざるをえないじゃないですか。

小林信彦は週刊文春にコラムを書いています。
連載は続いているものの、私は小林さんの体調が心配でした。
しかし、ラジオで声を聴いているとまだまだ元気じゃないですか。
(小林さんは現在83才で、今は主に作家として活動しています)

================

ゲストの小林信彦の紹介が終わるや否や、大竹まことが質問します。
大竹「私もファンで聴いていましたが6月の終わりに永六輔さんのラジオ番組が終わることになりましたね。実に残念ですが、永さんも放送作家でいらしたから小林さんと関係が近いんじゃないですか?」

永六輔と小林信彦は、東京出身であることや大学、経歴(放送作家を経てマルチに活躍)、またラジオに対する愛まで似ていますね。
ラジオ愛については、永さんは出演する方で、信彦じいさんは聴取をする方ではありますが。
それはそうと、
この二人はどう考えても接点があるはずなのに、永さんも小林さんもお互いについて発言をほとんどしていません。
(少なくとも私は見聞きしていません)
そんなわけで、なにやら二人の間に不穏な過去があるのでは、と私は推断していました。
(私の友だちも、二人は不仲であると推断していました)

そこへ、今回の大竹まことによる無邪気な質問。
私は緊張してしまいます。
「永さんも放送作家でいらしたから小林さんと関係が近いんじゃないですか?」

この大竹まことの質問に対し、
小林「(永さんとは)ある時期、近かったスね。僕の結婚式のパーティの司会をしてくれました。そういうのはうまいスね。『僕、やります』とかなんとか言って」
永さんのモノマネを披露する信彦先生。
大竹「はははは」

やっぱり関係があったのですね。
で、
小林「すぐ(永さんは)『僕、辞めます!』なんて言って降りちゃう。降りるとギャラ は、高くなる(笑)『僕、テレビ嫌いです』とかなんとか言って」
大竹「はははは」

大竹「ところで永さんは本当にテレビが嫌いなんですか?」
小林「そんなことないと思いますよ。(テレビの放送作家に)青島幸夫が出てきたから」

信彦じいさんは、才能のある青島幸男がテレビを席巻した話をし、永さんがテレビを去ったと発言。
永さんとのいい話だけで終わらないあたり・・・、
こういう冷たさ(厳しさ)が、信彦じいさんの持ち味ではありますが、これが永さんとの現在の距離感に繋がってしまうのだと思いました。 

================

ちょうど、
最近、永さんの関係している本を読んでいました。
「黄昏のビギンの物語」は、ちあきなおみの歌った『黄昏のビギン』という曲を下敷きにして、作詞の永六輔と作曲の中村八大(六・八コンビ)について書かれた本です。

「レンズとマイク」は、写真家の大石芳野と永六輔の対談本です。
永さんのかつての姿(大石芳野が撮影した永さんの往年の姿)を見ることができます。
永さんと小沢昭一さん

永さんと毒蝮三太夫さん

永さんと遠藤泰子さん

数年前の永さん
(すでに滑舌は怪しかったですが、それも味でしたね)

「人間ラジオ」こと永さん。
ラジオに住んでいる精霊と揶揄された永さん。

もう一度、永さんの声がラジオから聴こえてきますように。

mixiチェック

少し前のこと。
宴会の席で私よりも少しだけ年長の男性に「Kつひこさん、最近はどう?」と訊かれました。
私は『Kつゆき』ではありますが、訂正することを避け、その席は『Kつひこ』で通すことにしたのでした。

================
================

数週間前のこと。
「大竹まことゴールデンラジオ」(文化放送)を聴いていると、ゲストに、俳優のベンガルと平田満が招かれていました。
(パーソナリティは大竹まこと、アシスタントは室井佑月)

突然、
ベンガル「俺は、しょっちゅう『ダンカンさん』って声かけられるのよ」
わかるわかる。

室井佑月「私は、2回『西川史子』でサインしたことあるよ」
大竹まこと「俺なんて2回カタカナで『タカジン』ってサインしたことあるぞ」
ハハハ。

平田満「『風間杜夫さんですか?』って言われて、やっぱり『はい』って言いました」 

ありえるなあ。(平田満と風間杜夫は「蒲田行進曲」で共演し、ブレイクしたので)

で、極めつけは、ベンガル。
「博多の居酒屋で『ペリカンさんですか?』って声かけられたんだ。そばに山崎努さんがいたんだけど訂正してくれないから、しょうがないから『ペリカンです』って」


平田満とベンガルと大竹まことは、若いころそれぞれ異なる小劇団に所属していた俳優でした。
で、近々、平田満(つかこうへい劇団)とベンガル(劇団乾電池)が舞台で共演することになり、その宣伝のために、大竹まことのラジオ番組に現れたのです。
大竹「平田とベンガルが同じ舞台に出るってだけで泣きそうだよ」

ラジオの中で舞台の上演スケジュールを読み上げます。「○月○日~△日まで東京、○月×日は豊橋、○月□日は長野・・・」
ん?長野?

私は、すぐさまチケットを問い合わせました。

================

その数日後のこと。
「大竹まことゴールデンラジオ」(文化放送)を聴いていると、きたろうと大竹まことの雑談のコーナー。

きたろう「お前はどうせ映画とか舞台とか見てないだろ」
大竹「最近、舞台には行ってるんだよ」
きたろう「お前はどうせ義理でしか舞台を見ないんだろ」
大竹「舞台でベンガルと平田が共演したんだよ。お前だって見たいだろ?」
きたろう「それは少し見たいな」

きたろうと大竹まことは、シティボーイズの仲間とはいえ、きたろうの質問の仕方はさすがですね。

================
================

さらに数日後のこと。
私と妻君は、ベンガルと平田満の共演した「父よ!」を観に行きました。

85歳の父の介護を誰がするのか、4人兄弟(平田満、ベンガル、徳井優、花王おさむ)が父の家に集まり話し合う、というストーリーです。
はじめは、4人兄弟が自尊心のため本音で話さないのですが、しだいに、4人ともダメなところがある人間だということが分かってきます。
欠点があるということが分かってくると、その人のことが好きになるんですね。
はじめは、自尊心むき出しの責任感のない4人兄弟だと思って見ていましたが、4人ともダメ人間だと知ると、不思議なことに私は「4人とも幸せになって欲しいなあ」と思ってしまったのです。

公演終了後には、出演者によるポストトークもありました。

================

「舞台」は、ステージと客席という実在する空間しかない、っていうのがいいんでしょうね。

劇場のそとは、雲ひとつない秋晴れでした。

劇場のそばには、『Kつひこ』と間違え続けられた居酒屋があります。
その居酒屋を横目に家路についた休日の午後でした。 

mixiチェック

長野のライブハウスへ。
高田漣のコンサート(高田渡トリビュートライブ)があり、行ってきましたよ。

================

ある日の午後、いつものように文化放送を聴いていると、
「大竹まことのゴールデンラジオ」のゲストは、ミュージシャンの高田漣でした。
(高田漣は、フォークシンガーの高田渡さんの息子なのです)
大竹まことは「感慨深いねえ」
というのも、「俺は高田渡さんと同い年だったんだよねえ」
えっ!高田渡の方が、大竹まことよりもずーっと年上だと思っていました。

大竹「亡くなって10年か。俺は『この世に住む家とてなく』っていう歌が好きでね」
大竹まことみたいな都会的な人が、高田渡に好感を持っているということにも驚きです。

さらに、
大竹「柄本明が、渡さんのライブのプロデュースをしてねえ、俺は安いギャラでゲストとして出たこともあったな」
へえ。
で、高田渡が亡くなり、去年のこと。
シティボーイズ(大竹まこと、きたろう、斉木しげるのコントトリオ)の舞台のプロデューサーを宮沢章夫が務め、その舞台の音楽を高田漣(渡さんの息子)に発注したのだとか。
大竹「それで、俺たちのライブの音楽を書いて下さったんだよねえ」

================

スタジオで、高田渡の曲を高田漣が生演奏します。
しみじみ聴いて大竹まことは、「やっぱり親子だよね」

================
================

なにがきっかけか覚えてもいませんが、どういうわけか私は高田渡のファンになっていました。
私の「暗黒時代」(学生から社会人なりたてのころ)は、特によく聴いていたものです。

《♪歩き(歩き)、疲れては(疲れては)、草に埋もれて寝たのです、
歩き疲れ(歩き疲れ)、寝たのですが(寝たのですが)、眠れないのです♪》
(引用:「生活の柄」)

================
================

大竹まことの番組を聴いた数日後のこと。

たまたまラジオNHK第一の「すっぴん」という番組を聴いていると、ゲストとして高田漣が出ていました。

================

そのときも高田漣は、渡さんの曲をスタジオで生演奏するのですが・・・、

パーソナリティのダイヤモンド✡ユカイいわく、「全然、似てないねー」
(バッサリ!)

いやあ、感性は違うものですな。

================
================

コンサートのこと
高田漣が、父である高田渡さんの曲を演奏します。
私には、高田渡が一緒にすぐそばで演奏しているように感じられました。

================

NHKの藤井彩子アナウンサーが、ラジオ番組の中で「漣さんにとって、お父さんはどんな人でしたか?」と訊きました。
すると、
高田漣「父は、近くにいるのに遠くにような人でした。でも、遠くにいるときは、逆に、近くにいるように感じられるような

渡さんは亡くなってしまいましたが、
なんだか今日は私のとても近くにいるように感じた夜でした。

================
================

ライブのあと。
いかにも高田渡好みの焼き鳥屋で、ヨッパライ絡まれながら、涼しい夏の夜を過ごしました
mixiチェック

「大竹まことのゴールデンラジオ」という番組を聴いていたら、番組の中で心理テストをしていました。
《「海」といわれて、思い浮かべるのはどんな「海」ですか?》という質問。

大竹まことの答えは、「南の島の、穏やかな海」。
アシスタントの町亜聖アナウンサーは「どこまでも透きとおった海」。

ほほう。

================
================

話は飛びますが・・・。

昼間、車を運転していると見知らぬ看板を発見しました。

ん??
「エロ将軍塚」??

目をこらすと、
「土口将軍塚古墳」でした!

長野は、その昔「科野」と呼ばれていたそうです。
古墳時代、「科野」地方の首長の墓が「土口将軍塚古墳」なのだそうですよ。

それはそうと、「土口将軍」を「エロ将軍」に見間違えたのにはワケがありまして・・・。

================

しばらく前のことですが、
「エロ将軍と二十一人の愛妾」(監督・鈴木則文)を見ていました。
(もちろん東映)
オープニング早々、ナレーションで《「江戸城。徳川幕府の作り上げた遊蕩王国」》
遊蕩王国・・・、いきなり東映史観を食らわせてくれます。

徳川家11代将軍が性的不能者であることに困り果てる田沼意次(老中)。
そこで、将軍と瓜二つの、越後の農民(スケベ)を将軍にすげ替えてしまうのでした。 

越後の農民の名前は「角助」
(くだらない内容でも、田中角栄総理を揶揄)

権力者になった偽将軍は次第に暴走していきます。
田沼意次が「このままじゃ徳川始まって以来の側室の数になるぞ!」と頭を抱えるほど。 

映画は、明るいエロスとギャグのオンパレード。例えば・・・、
偽将軍の元に、清(中国)からの使節団が来るのですが、その名前が「毛沢山(もうたくさん)」と「珍万康(ちんまんこう)」だったり。
偽将軍が突然、「我が国も宦官制度を採用するぞ!」と嫌がる家臣を羽交い締めにしてみたり。
それから偽将軍が、《おぎの》という名前の側室に向かって「おぎの!荻野式でいけば大丈夫じゃ」と襲ってみたり。

東映のエラさは、このくだらなさの中に、偽将軍が権力者であることに溺れていくところを描いているところです。
目の上のタンコブだった田沼意次にプッツンしてしまった偽将軍は、田沼を失脚させ、そして「俺は将軍だー!」と叫びながら、掛軸の「葵の御門(徳川の家紋)」を刀で切り刻みます。

ラストは、
池玲子(セクシーな鼠小僧)が、徳川家の臣下たちに向かって「偽将軍はニセモノである」と暴露。
すると、偽将軍は「助けてくれー」と叫ぶんです。
(映画を見終えて、ニセモノじゃない権力者なんていないよなあ、なんて当たり前のことを思ったり、現 権力者のプッツンも心配になったり)

とにかく一言でいうと、傑作。
(一時期、何人かに「エロ将軍」を傑作だと勧めたこともあるのですが、誰も見てくれず私は間違っているのかも・・・と心配になるほどだったんですが、知人に「蓮見重彦先生も褒めていたよ」と教えてもらって、ホッとした記憶があります!)

================

鈴木則文監督は、東映の岡田茂社長(当時)の子飼いで「岡田チルドレン」と呼ばれていました。
岡田社長は、「温泉みみず芸者」や「温泉ポン引き女中」「先天性淫婦」「エロ将軍と二十一人の愛妾」「徳川セックス禁止令」など《凄まじいタイトルを次々と思いついては子飼いの監督たちに振り(ほとんどは鈴木則文が受けた)、撮らせていった》
(引用:「あかんやつら」春日太一)

鈴木則文も「映画は見世物や」と応えていくのですよ。

つくづくすごい社風です。

================
================

話を戻します。

《「海」といわれて、思い浮かべるのはどんな「海」ですか?》という心理テストの答え。
思い浮かんだ「海」は「こうありたいと思う自分の理想の姿」なのだそうです。

大竹まことは「平和で穏やかな」、町亜聖は「透明感のある」姿が自分の理想像だと答えました。

ちなみに、私の答えは・・・、
「東映の三角マークが似合う荒々しい海」というものでした。
あーあ、と、ラジオを聴きながら苦笑した午後のひとときでした。 

mixiチェック

このページのトップヘ