厄除け日記 (by Kばやし)

厄除けのように、好きなことを集めて書きます。 30代。 俳号は軽囃子(けいばやし)

カテゴリ: 東映

強行スケジュールで静岡へ行ってきました。

妻君は、念願である「芹沢銈介美術館」へどうしても行きたい!ということで、私も美術館のある静岡に同行したのです。


================


芹沢銈介は、静岡出身の染織家で人間国宝。

民藝運動の柳宗悦や棟方志功と交流したことでも知られています。

妻君は、染織家としてというよりも、芹沢の工業デザインのファンのようです。


旅行の2~3日前のこと。

妻君に「芹沢銈介美術館」のために静岡へ行こうと提案された私。

私が「遠いなあ・・・」と難色を示していると、妻君は「じゃあ、清水次郎長の家へ行ってもいいよ」。

東映ファンである私の弱点を突いてきたのです。

私「うむ、分かった!静岡へ行くか!」

FullSizeRender

片岡千恵蔵(清水次郎長)「おめぇたち、行くぜ!」


================


話は変わりますが

だいぶ前に、石川県の九谷焼美術館へ行きました。

FullSizeRender

九谷焼の特長を学んだり技術を知ったり、十分に楽しみました。


美術館の近所で「九谷焼絵付け体験」ができるというので、私と妻君と息子(3才)で絵付けをしました。

FullSizeRender

私は、姑獲鳥(うぶめ)という「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する妖怪を描きました(左)。

息子は、妻君の補助でトリケラトプスを描きました(中央)。

妻君は、梅を描きました(右)。

そのときは気がつきませんでしたが、芹沢銈介のデザインを参考にしたのだとか。


================


FullSizeRender

芹沢銈介美術館は、芸術品の展示というよりも生活の中のデザインの展示という赴き。

こんな作品の中で暮らせたら生活が豊かになりますね。


FullSizeRender

芹沢銈介の住居も移築、展示されています。

派手ではなく、質実で美しい家でした。


================


芹沢銈介美術館のあとは、いざ、清水次郎長生家へ!

FullSizeRender

閑散とした清水の旧市街に、清水次郎長の家が奇跡的にも当時のまま残されていました。

FullSizeRender

中もビシッと整然としていました。

片岡千恵蔵(次郎長)が出てきそうな雰囲気。


「勢揃い東海道」(東映)では、

次郎長宅の庭先で、片岡千恵蔵(次郎長)と市川歌右衛門(山岡鉄舟)が刀を抜き対峙する場面があります。

FullSizeRender

東映の二大スター夢の対決。

この両雄に優劣をつけるなんて!

どっちが勝のだろうか!?ハラハラドキドキ。

FullSizeRender

千恵蔵「・・・」。ジリッ、ジリッ。

FullSizeRender

歌右衛門「・・・」。ジリッ、ジリッ。


すると突然、

FullSizeRender

千恵蔵「出過ぎたまねをしました」

FullSizeRender

歌右衛門「『肉を切らせて骨を断つ』の構え、恐れ入った!」


え??夢のバトルは尻つぼみな結末。


ま、「東海道・中山道」シリーズでは、東映の両御大(千恵蔵と歌右衛門)が必ず対決するシーンがありますが、どれも同じパターンで謎の和解をするのがお約束のようです。


千恵蔵と歌右衛門が向かい合った次郎長の家。

芹沢銈介の家に引けをとっていませんでしたよ。

FullSizeRender

グッズも充実。
Tシャツは破格の1500円!

ちなみに「勢揃い東海道」の結末は、
FullSizeRender
両御大が力を合わせて、悪を成敗。
静岡の松原で両雄が手を携えます。
FullSizeRender
われわれの静岡旅行もお開きです。


================


長野に帰ってのこと。

IMG_1522

小布施の老舗栗菓子メーカーの包装紙を、改めて眺めていました。

ん?芹沢銈介のデザインじゃないか?と思った私。

調べてみると、芹沢銈介の弟子のデザインでした。

わが家にある深沢七郎や内田百閒などの本の装丁は、芹沢銈介でした。

知らず知らずのうちに、親しみ楽しんでいたのですね。


================


おまけ

http://kebayshi.blog.jp/archives/1026826088.html

(任侠中山道)


http://kebayshi.blog.jp/archives/1037263209.html

(任侠東海道)





mixiチェック

数日間、青森へ出張することになりました。

長距離運転をしなければならないハードな出張です。


出発の前に、景気づけで、DVD「トラック野郎 一番星北へ帰る」を見返しました。

長距離トラックドライバーの菅原文太が主演の、東映のプログラムピクチャー。

恋あり、決闘あり、警察から逃れるためのカーチェイスありというコメディ映画(ロードムービー?)です。


菅原文太のように、青森に向かって激走。

FullSizeRender

「行くぞー!」


「トラック野郎 一番星北へ帰る」は、オープニングからして奮っています。

のっけから菅原文太は売春婦(婦警のコスプレ)と「プレイ」を始めます。

文太「おい、女ポリ公!俺のマシンの性能はどうだ!?ズドーン!」

まともな脚本家だったら、こんな最低の名台詞は書けないでしょう。


FullSizeRender

「男ひとり旅」
キュルキュルキュル!ブーン!

さて、青森へアクセル全開。FullSizeRender

「うりゃー!」


FullSizeRender

「どけどけー!」


================


あっという間に下北半島に到着。

たまたま国道沿いに駐車をして休憩をしていると、お墓を発見。

FullSizeRender

看板には、「野辺地戦争(戊辰戦争の一端) 戦死者の墓所」。
「ほう」

ちょっと解説。
戊辰戦争は、江戸時代末期に勃発します。

東北地方を巻き込む内戦で、この下北半島にも戦火が広がったのだそうです。

新政府軍(長州、薩摩など)と、幕府軍(奥羽越列藩同盟など)が争った戦争です。

東北地方の各藩の立場は、ほとんど幕府側。

ただ、藩によってバラつきがあったそうです。

例えば、弘前藩は早々に新政府軍に寝返りました。


この墓は、新政府軍に寝返った弘前藩の死者を弔ったもののようです。

(戦争は、勝った方が官軍、負けた方は賊軍になります)


================


ところで、

「仁義なき幕末維新 われら賊軍の子孫」(菅原文太・半藤一利)を読みました。

FullSizeRender

この本を読むと、意外にも菅原文太は、地方の史跡を巡り郷土史家とも交流しているような歴史マニア。

半藤先生にも私見を述べ、鋭い質問をします。


ちなみに菅原文太は、宮城県(仙台藩)出身。

半藤一利は、新潟県(長岡藩)出身。

ともに、戊辰戦争のとき幕府側の藩でした。


基本的には幕府側の東北地方も、劣勢に追い込まれていくに従い、歯が欠けるように各藩は新政府軍に寝返っていきます。

例えば仙台藩では、侍たちは早々に寝返ったらしいのですが、「からす組」と呼ばれるアウトロー(博徒や百姓など)は、最後まで抵抗したといいます。

明治維新ののち、恭順派は得をし、会津藩のように最後まで新政府軍に抵抗した藩は冷や飯を食わされることになります。

会津藩は朝敵ということになり廃藩に追い込まれ、人々は青森県の下北半島(いまの「むつ市」)に移り住むことになりました。

当時の下北半島は不毛な土地で、移住した人々は苦労をしたそうです。


そんなわけで、仙台藩(恭順派)出身の菅原文太は忸怩たる思いがあるようです。


================


ところで、

「トラック野郎シリーズ」の、菅原文太のデコトラには「雪の下北」という文字が入っています。

FullSizeRender

「トラック野郎 一番星北へ帰る」の中で、その理由が語られます。

菅原文太と大谷直子(ヒロイン)が、福島のダム湖を眺めながら語らうシーンがあります。

菅原文太「僕はここで生まれたんです。この水の下に、僕のふるさとが沈んでいるんです」

ダム湖の下に沈んだふるさと(福島)をあとにし、「下北半島に流れついた」という菅原文太(一番星)。

下北半島で貧しい生活をして育ったのだとか。


このシーンを見て、私は気付いたのです。

幕府軍だった会津藩の末路と、「トラック野郎」の菅原文太(一番星桃次郎)の経歴が重なっていたのです。

つまり、会津藩が下北半島に流されたように、菅原文太(一番星)も会津の故郷を失い下北半島に流れ着いたのです。

そんなこともあり菅原文太は、仙台藩出身者として、また「トラック野郎」の主演男優として、幕府側に同情していたのかもしれません。


================


さらにいえば、

菅原文太は、新政府軍のクーデターの首謀者である岩倉具視のことが嫌いなようです。

FullSizeRender

岩倉具視に利用されて殺されたアウトロー(相楽総三)の墓参りをするほど菅原文太は歴史マニアなんですよ。
(墓は下諏訪にあります)

FullSizeRender

《絶筆から しのばれる 相楽総三の 無念 菅原文太》


「仁義なき戦い」の山守組長(金子信雄)という姑息な男を嫌悪するように、「俺はこういうタイプのワル(岩倉具視)が一番きらいだね。維新政府の正当性すら疑いたくなる」ですって。


================


下北半島の「野辺地戦争 戦死者の墓所」で、あらためて菅原文太の魅力に気がついた私。

大きな声とアクションでエネルギーを爆発させる姿と、筋を曲げない敗者への優しさが、まさにアウトローである菅原文太の魅力ですね。

さらに歴史マニアという「おたく」な一面も、ステキです。


================

================


(おまけ)

長距離運転の疲れをとるため、「不老ふ死温泉」で一休み。

FullSizeRender

海の中に、露天風呂があるんですよ。

泉質が素晴らしくエネルギーが満ちあふれます。

FullSizeRender

「もうひとっ走りだ!」


================


(おまけ2)

「トラック野郎 一番星北へ帰る」のエネルギッシュなアクションシーンを紹介します。

FullSizeRender

魚が満載のトラックの上で殴り合う菅原文太と黒沢年雄。

FullSizeRender

魚を運ぶクレーンの上でも殴り合いは続きます。


================


(おまけ3)

数年前、むつ市に行ったときの記録

mixiチェック

長野市の老舗和菓子屋・朝日堂にて句会をすることになりました。
参加者はいつもの6名(メール参加や選句だけ参加を含めて)。

今回の句会は趣向を少し変えてみました。
一人につき、漢字1文字を題として出してもらいます。
6人なので漢字6文字。
句会までに宿題として、あらかじめ6つの漢字を含んだ俳句を作ります。
句会はそれぞれが匿名で6句を投句するところからスタートです。

================
================

話は変わりますが、少し前のこと。
「実録外伝 大阪電撃作戦」(東映)を見ていました。
FullSizeRender
エンディングは、親分の前に子分たちが横一列に並び、詫びを入れるというシーン。
FullSizeRender
いっせいに詰めた小指を親分に差し出します・・・。
このシーンで、映画はオシマイ!

この衝撃的なカットが脳裏から離れず、私は句会のお題を《指》にしました。

================

ちなみに、
Mやさかくんから出された題は《水》。
「たまたま、水曜日だったから」とのこと。

Hまくんから出された題は《光》。
「今年の歌会始の題が《光》だったから」。

Yまもとさんは《道》。
「いろんな《道》があるから面白いでしょ?」。
ちなみにYまもとさんの趣味は散歩です。

Kぼさんは《転》。
Aしざわさんは《空》。
そして私は《指》。

これで題が揃いました。
《水》《光》《道》《転》《空》《指》。

================

さて、句作です。
私が投句した俳句を紹介します。

《水》
「花粉症わが世はすべて水彩画」

《光》
「満室の文字光る路地春の闇」

《道》
「蝶高くえっさほいさ中山道」

《転》
「転々と北へテキ屋と春祭り」

《空》
「托鉢の空っぽのざる花吹雪」

ここまではスイスイ俳句ができました。
残るは私の出した《指》なのですが、これがなかなかできず、タイムリミット直前に苦し紛れに一句ひねり出すことに。
《指》
「よもぎ餅小指ない手が丸めゆく」

これは完璧に句会の直前に観た「実録外伝 大阪電撃作戦」の悪影響。
小指を失った男の第二の人生を想像して詠んでしまったのです。

================

さて、句会です。
メールで参加したメンバーを含めて6人。
Kばやし(私)、Yまもとさん(朝日堂のご主人)、Kぼさん(電気屋のご主人)、それと大学の仲間であるHまくん、Mやさかくん、Aしざわさん。
FullSizeRender
朝日堂の和菓子工場で、ワイン、焼酎、ウイスキーを飲みながらの句会。

匿名で俳句を提出し、互選でそれぞれが天・地・人・並・並・並の6句選句し、講評します。
結果は写真のとおり。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

私の提出した句は、それぞれそれなりに点数をもらいました。
嬉しいものですね。
ただ、当然といえば当然なのですが《よもぎ餅小指ない手が丸めゆく》には点数が入りませんでした。
やっぱりなー。

================

宴もたけなわ。
遠慮なく、Kぼさん提供のお酒をガブガブ。おつまみをパクパク。
そして、Yまもとさんの搗いたお餅をいただきます。
FullSizeRender
お餅にわかさぎの佃煮を乗せて食べました。
焼きたてのお餅に、甘じょっぱいわかさぎがよく合います。
「いちご大福があるくらいだから、わかさぎ大福を販売するべきですよ」

冗談を言いながら、そのとき私は、「やっぱり魚だよな」と思ったのです。
小指を失った男の第二の人生は、和菓子(よもぎ餅)より「やっぱり魚だよな」。

《指》
「とらふぐを小指ない手がさばきゆく」

これならどうだっただろうか。
(ま、そもそも詰めた小指という発想から離れた方がいいのかもしれませんが)

================
================

(おまけ)
私が選句したほかの皆さまの俳句について。

・天
「春の宵転んで天を幾星霜」(Yまもと)
転ぶという一瞬のデキコトから夜空(宇宙)の無限の時間を感じるという、「一瞬と無限の対比が面白いと思いました」と私が言うと、
Kぼさんが「(Yまもとさんが)酔って転んで骨折したっていうただの実話だよ。店の敷地内で転んで骨折したもんだから、そのあと図々しく労災を請求して、当然却下されたっていう後日談を知っているからとても選ぶような気持ちになれない!」
ごもっとも。

・地
「また婆サは道で狐火踏む話」(Hま)
遠野物語のような雰囲気。その昔、年寄りの女性はよく憑かれたという話を思い出しました。
この句を「天」にしたMやさかくんは「老老介護の風景が目に浮かびました」。
感じ方は違うものです。

・人
「裏窓を放てば空があって春」(Mやさか)
この日、一番評価が集中した句。

・並
「結婚は雪崩のようで春の水」(Mやさか)
結婚を経験した人は軒並み点数を入れていました。
雪崩に巻き込まれたら、どうしようもないものです。

================

句会は無事、終了。
YまもとさんとKぼさんの口論をつまみに酒をいただき、泥酔して帰宅しました。
mixiチェック

数日前、風邪でクラクラしていました。
まず熱が出て、寒気がしてきました。
FullSizeRender
イメージ写真

免疫力が強く風邪などひくわけがないと思い上がっていた私。
まるで映画「八甲田山」の三國連太郎のように、冬山をナメて遭難したような状態です。

一歩間違えれば、「八甲田山」の北大路欣也状態になるところでした。
FullSizeRender
風邪をひく前の私(イメージ写真)。
FullSizeRender
風邪に力尽きる私(イメージ写真)。

静養したおかげで、熱が下がりました。

しかし、熱が下がったものの咳は止まらず喉が痛くなってきました。
FullSizeRender
喉を痛める私(イメージ写真)

まるで剣豪の萬屋錦之介に喉をひと突きされたかのようです。
FullSizeRender
風邪のウイルス恐るべし、といったところです。


FullSizeRender
静養していたときの私(イメージ写真 「実録外伝 大阪電撃作戦」より)

おかげさまで今はすっかり元気です。
mixiチェック

年末のこと。
年末年始に観るDVDを借りるためにTSUTAYAへ行きました。
すると、中学生時代の先輩(※40才手前の男)を発見!

私は、中学生のころ帰宅部でした。でも、籍だけは理科クラブに所属していました。
当時、先輩は理科クラブの部長。
大きな体で、オシャレとは無縁の木訥な風貌は昔のままでした。
クソが付くほどマジメな先輩は、私が当然のようにサボって帰宅しているのを見つけると「たまにはクラブに出席しようよ!」と注意したものでした。

20年ぶりにクソマジメな先輩を目にした私は、背後からソーッと近づき、声をかけようとしました。
すると、先輩は私に気付きもせず、クソマジメな表情で歩いていきます。
そして、一目散にTSUTAYAのアダルトコーナーの暖簾をくぐり、ピンクの闇へ消えていったのです。
FullSizeRender
「あら、いやだ・・・」
物陰に隠れる私。

数分後。
先輩はクソマジメな表情のまま「ピンクDVD」数枚を抱え、暖簾の奥の暗闇か
ら現れたのです。
私は声をかけるのを止めて、そそくさと「ヤクザ映画」を借りて帰宅したのです。

================
================

元日のこと。
鏡餅や小さな松飾りなどでいかにも正月めいた両親宅へ。
FullSizeRender
イメージ写真

こぢんまりと新年会。
FullSizeRender
イメージ写真

酒を飲み、和気あいあいと過ごしました。
FullSizeRender
イメージ写真

私の今年の初DVDは「仁義なき戦い」でした。
先輩の初DVDは何だったのだろうか。



mixiチェック

このページのトップヘ