強行スケジュールで静岡へ行ってきました。

妻君は、念願である「芹沢銈介美術館」へどうしても行きたい!ということで、私も美術館のある静岡に同行したのです。


================


芹沢銈介は、静岡出身の染織家で人間国宝。

民藝運動の柳宗悦や棟方志功と交流したことでも知られています。

妻君は、染織家としてというよりも、芹沢の工業デザインのファンのようです。


旅行の2~3日前のこと。

妻君に「芹沢銈介美術館」のために静岡へ行こうと提案された私。

私が「遠いなあ・・・」と難色を示していると、妻君は「じゃあ、清水次郎長の家へ行ってもいいよ」。

東映ファンである私の弱点を突いてきたのです。

私「うむ、分かった!静岡へ行くか!」

FullSizeRender

片岡千恵蔵(清水次郎長)「おめぇたち、行くぜ!」


================


話は変わりますが

だいぶ前に、石川県の九谷焼美術館へ行きました。

FullSizeRender

九谷焼の特長を学んだり技術を知ったり、十分に楽しみました。


美術館の近所で「九谷焼絵付け体験」ができるというので、私と妻君と息子(3才)で絵付けをしました。

FullSizeRender

私は、姑獲鳥(うぶめ)という「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する妖怪を描きました(左)。

息子は、妻君の補助でトリケラトプスを描きました(中央)。

妻君は、梅を描きました(右)。

そのときは気がつきませんでしたが、芹沢銈介のデザインを参考にしたのだとか。


================


FullSizeRender

芹沢銈介美術館は、芸術品の展示というよりも生活の中のデザインの展示という赴き。

こんな作品の中で暮らせたら生活が豊かになりますね。


FullSizeRender

芹沢銈介の住居も移築、展示されています。

派手ではなく、質実で美しい家でした。


================


芹沢銈介美術館のあとは、いざ、清水次郎長生家へ!

FullSizeRender

閑散とした清水の旧市街に、清水次郎長の家が奇跡的にも当時のまま残されていました。

FullSizeRender

中もビシッと整然としていました。

片岡千恵蔵(次郎長)が出てきそうな雰囲気。


「勢揃い東海道」(東映)では、

次郎長宅の庭先で、片岡千恵蔵(次郎長)と市川歌右衛門(山岡鉄舟)が刀を抜き対峙する場面があります。

FullSizeRender

東映の二大スター夢の対決。

この両雄に優劣をつけるなんて!

どっちが勝のだろうか!?ハラハラドキドキ。

FullSizeRender

千恵蔵「・・・」。ジリッ、ジリッ。

FullSizeRender

歌右衛門「・・・」。ジリッ、ジリッ。


すると突然、

FullSizeRender

千恵蔵「出過ぎたまねをしました」

FullSizeRender

歌右衛門「『肉を切らせて骨を断つ』の構え、恐れ入った!」


え??夢のバトルは尻つぼみな結末。


ま、「東海道・中山道」シリーズでは、東映の両御大(千恵蔵と歌右衛門)が必ず対決するシーンがありますが、どれも同じパターンで謎の和解をするのがお約束のようです。


千恵蔵と歌右衛門が向かい合った次郎長の家。

芹沢銈介の家に引けをとっていませんでしたよ。

FullSizeRender

グッズも充実。
Tシャツは破格の1500円!

ちなみに「勢揃い東海道」の結末は、
FullSizeRender
両御大が力を合わせて、悪を成敗。
静岡の松原で両雄が手を携えます。
FullSizeRender
われわれの静岡旅行もお開きです。


================


長野に帰ってのこと。

IMG_1522

小布施の老舗栗菓子メーカーの包装紙を、改めて眺めていました。

ん?芹沢銈介のデザインじゃないか?と思った私。

調べてみると、芹沢銈介の弟子のデザインでした。

わが家にある深沢七郎や内田百閒などの本の装丁は、芹沢銈介でした。

知らず知らずのうちに、親しみ楽しんでいたのですね。


================


おまけ

http://kebayshi.blog.jp/archives/1026826088.html

(任侠中山道)


http://kebayshi.blog.jp/archives/1037263209.html

(任侠東海道)