厄除け日記 (by Kばやし)

厄除けのように、好きなことを集めて書きます。 30代。 俳号は軽囃子(けいばやし)

カテゴリ: 学校

酒豪としてのエピソードばかりの映画俳優といえば、松方弘樹でしょう。
(ちなみにプロレスラーでいえば天龍源一郎だと思います)

例えば、松方弘樹の酒豪エピソードとして、
阿川佐和子との対談によると、
《松方「ブランデーを一日二本、年間八百本くらい飲んでいました」
阿川「ボトルを二本!?」
松方「一本目は三十分で飲みます」》

この飲みっぷりには仰天です。
(ただ松方は、ドクターストップがかかって一時期断酒をしていたこともあるそうですが)

《松方「千代の富士にもお酒では負けなかったし、清原(和博)君にも問題なく勝ちました。(中略)。負けたのは元プロレスラーの天龍(源一郎)さんくらい」》
へえ・・・。

松方と天龍へのウワバミ幻想は深まるばかりです。

================
================

ところで、私は、
大学院の社会人コースで食品について勉強をしています。

この日は、遺伝子解析についての実習がありました。

本来ならDNA鑑定は、食品の産地や品種を特定するための技術なのでしょうが、
今回の実習では、私たち(受講者)の遺伝子を取り出してアルコール代謝の強弱を調べるという実験をすることになりました。
つまり、酒に強いか弱いかを調べる実験です。

染色体は遺伝子からできています。
その遺伝子は2本で1組になっているのだとか。
今回の実験では、私たちからアルコール代謝を識別する遺伝子を取り出して、2本で1対になっているその遺伝子が、
2本ともを「野生型ホモ」であれば、お酒に強い体質・・・(1)、
1本が「野生型ホモ」で1本が「変異体のヘテロ」であれば、顔には出るがお酒はそれなりに飲める体質・・・(2)、
2本とも「変異体のヘテロ」であれば、お酒に弱い体質・・・(3)、
ということになるのだそうです。

最近の私は、飲むとすぐにヘロヘロに酔ってしまうので、おそらく(2)の「顔には出るがお酒は飲める体質」じゃないかと予想を立て、実験に臨みました。
(参考資料:県別のアルコール分解遺伝子指数)

================

口の中(頬の裏側)を綿棒でぐりぐりと擦ります。
こうすることで、綿棒に私の細胞がくっつくのだそうですよ。

で、いろいろやります。
(先生の助手(学生)の指導の言いなりに作業をします)
その結果、綿棒で採取した私の細胞の中にあるDNAを増殖させ、それを分析をすることによってアルコール代謝の強弱が分かります。

================
================

実験の数日後のこと。
先生の研究室の学生さんから、実験結果を知らせるメールが来ました。

《Kばやしさんは野生型ホモ
きれいにバンドが出ているので、画像も確認お願いします》

この画像によると、私は「野生型ホモ」つまり(1)なのだそうです。
(なんだかよく分からないが)

ま、私はそれなりに飲める体質ということらしいです。

================
================

話を松方弘樹に戻します。
なんと松方は、もともとはお酒が飲めなかったそうです。

《松方「最初は一滴も呑めなかったんですが、一年かけたら二升飲めるようになりました」》

大学で学んだこととして、酒が飲めるか否かは遺伝子の問題なので、
訓練によって飲めるようになるなんてことはあり得ないと思うのですが・・・。
(それにしても二升はスゴイ量です)

================

松方は阿川佐和子との対談で、撮影所のあった京都での思い出を語っています。

《松方「三船(敏郎)さん、裕ちゃん(石原裕次郎)、オーナー(勝新太郎)、それから錦兄(萬屋錦之介)の四人が、僕も行くバーによく来てて」》
いやあ、豪華ですねー。

《松方「挨拶しなきゃと思って『おはようございます』『おう!座れ』『はい』『ブランデーでいいか?』『はい』『誰と来た?』『友達と来てます』『おう。じゃあこれ一本飲んだら行け』ってボトルを一本置かれるんです」》
このパワハラのおかげで三十分でブランデーを一本飲めるようになったのだとか。

確かに、この4人に囲まれるというとんでもない環境なら、科学的な根拠を覆して、
遺伝子的に飲めない体質でも、飲める体質に変化してしまうかもしれないとも思ったのです。

================

ただ、
酒が飲めるかは、遺伝子だけで断定できないそうです。
ちなみに、私は体も小さいこともあり、それほど飲めないのですよ。二日酔いにもなりますし。
なわけで、お手柔らかにお願いします。

================

(おまけ)
三船敏郎は酒乱と言われていますね。
松方によると、
《松方「裕次郎さんは強かったですね。オーナーは飲みますけど飲まれる。錦兄は普通に飲むけど弱い」》
私は、錦兄タイプかな。

松方弘樹は今、病気闘病中だそうです。
飛び抜けてウマイ松方さんの復活が待ち遠しいです。
mixiチェック

「柳生一族の陰謀」(東映・深作欣二監督)という大好きな映画について書きたいと思います。


当時の東映は、ヤクザ映画が隆盛を極めていました。
そんなとき、東映を離れたいた時代劇スターの萬屋錦之介は、「柳生一族の陰謀」の撮影のために12年ぶりに東映に戻ってくることになりました。
京都撮影所の人々は、錦ちゃんを拍手で出迎えたといいます。

監督は深作欣二。
当時「仁義なき戦い」で成功をおさめていた深作監督は、重々しい演技をする萬屋錦之介に対し、
「錦之介さん、現代劇に近づけるやり方は?」とテンポの速い演技を求めます。
すると、萬屋「ほかの方は知りません。私はこれでやらせていただきます」と歌舞伎調の演技を貫くのです。

で、クライマックスシーン。
これが最高なんです。
ラストが決まらぬまま難航していたところ、プロデューサーの日下部五郎の「悪いやつには死んでもらわないとな」の一言で、結末が決まってしまうのです。
さすが東映。
プロデューサーの一言で、徳川家の将軍・家光が史実を無視して暗殺されることになります。
そんなわけで、
家光の首(見るからにマネキン)が江戸城内に転がることになりました。

ここで、家光の右腕を演じていた萬屋が暴走するのです。
錦之介のセリフを以下、書き起しましたよ。

暗殺された将軍・家光のマネキンめいた首を抱いた萬屋錦之介。
萬屋「(大声で)上様、三代将軍様ー!(ささやき声になって)バカなぁぁぁ。こんなバカなことがぁぁぁ(再び大声になって)バカなー!こんなバカなことがー!(再びささやき声になって)これは夢だぁぁぁ、夢を見ているのだぁぁぁ、(過呼吸になり)はぁぁぁぁ、はぁぁぁぁ」
家臣たちが次々と駆けつけます。
萬屋「(大声で)各々がたお騒ぎあるなー!お騒ぎあるなー!お騒ぎあるなー!なにごともない!なにごとも起こってはおーらん!これは夢だ!これは夢でござーる!さよう、ただの夢でござーる!」
萬屋「かかる悪夢に惑わされてはならーん!こんにち、この日、このただ今!徳川の天下は!大盤石の重きについた!かようなことのありようはずはごーざらん!」
萬屋「夢だ、夢だ、夢だ夢だ夢だ!これは夢でござァーる!」(寄り目でフラフラしながらの絶叫)

これで映画は終わります。

この怪演のため、いくつもあるストーリー上の矛盾が、萬屋による爆風で吹き飛んでしまうのです。

衝突していた深作と萬屋だったが、
深作「五郎ちゃん(プロデューサー)、ベリーグッド!」
やっぱり、萬屋の錦ちゃんは最高ですね。

================
================

話は変わりますが、
私の父は口癖のように「発酵食品は体に良いんだ!」といいます。
そんなわけで毎朝、納豆、キムチ、しょうゆ豆、それからヨーグルトを食べ、挙げ句には「腐りかけが最高だ」と残りものを口にしています。

私はといえば、毎朝、仕方なしに極端な父につきあっているのです。

================

ところで私は、
この4月から地元の大学院で食品について勉強しています。 

その中で、バイオテクノロジーの先生も食品科学の先生も、健康的な生活を送るには腸内環境が大切だと言っています。
(食品業界はこの機能性食品の開発にアツくなっているようです)

腸内環境が整うと免疫力が向上し、その結果、アレルギーの予防・改善になったりパーキンソン病や認知症にも効果的なのだそうですよ。
(菌類はもちろん、食物繊維やオリゴ糖にも、腸内細菌を増やす作用があるそうです)

そんなわけで、
「発酵食品は体に良いんだ」という父の口癖はあながち間違いではなかったのです。
ちなみに、菌類を摂取する食生活を「菌活」というのだそうです。
知らなかったなあ。

================

私の妻君は趣味で米麹から甘酒を作り、毎日飲んでいます。
これも発酵食品ですね。
「甘酒を飲むようになってスッキリドカン」なのだそうです。
(つまり「お通じ」が改善されたそうです)

いわく「菌ちゃんは効くねえ」

================
================

「菌ちゃんは効くねえ」??
この言葉を聞いて私だって「キン活」だったら負けてないぞと思ったのです。

(1)ヤクルト
重度の花粉症である私は、花粉症対策のため毎日ヤクルトを飲んでいました。
おかげで、今年はなんとなく症状が軽かったような気がします。

================

(2)萬屋錦之介
「菌ちゃん」といえば、「錦ちゃん」。
問答無用で「キンちゃん」といえば、萬屋錦之介(中村錦之助)でしょう!
錦ちゃん主演の映画を見るという「キン活」ならヘビーにしています。

「菌」の・・・いや「錦」の濃度の最も濃い映画は、「柳生一族の陰謀」だと思いますよ。
ちなみに、監督も「深作欣二」(欣ちゃん)ですしね。

(ちなみにこの映画の次に、キンの濃度の濃い映画は、「日蓮」だと思います)


「柳生一族の陰謀」の結末まで書いてしまいましたが、実際に見ると想像を軽々と超えますので(笑えますので)多くの人に見て欲しいです。
「柳生一族の陰謀」も「日蓮」もストーリーとは関係なく最後の15分〜20分だけ見れば満腹になれますよ。

「子連れ狼」もコッテリ系でいいですよ。
(このメイクでも、大まじめ)

================

(その他)
・北大路欣也
この菌ちゃんについては、「仁義なき戦い 広島死闘編」で、摂取。

・柳家金語楼(この菌ちゃんは森繁の「駅前シリーズ」より摂取)


・愛川欽也(菌菌、いや、キンキンといえば「トラック野郎シリーズ」でしょうか)

================

いろんな菌ちゃんのおかげで、本当に今年の花粉症は、楽でした。
キン活、オススメします。

mixiチェック

このページのトップヘ