厄除け日記 (by Kばやし)

厄除けのように、好きなことを集めて書きます。 30代。 俳号は軽囃子(けいばやし)

カテゴリ: テレビ

「男はつらいよ」の新作「おかえり寅さん」を映画館で見てきました。
FullSizeRender
寅さんが現れただけで嬉しくて目頭が熱くなりました。

================

話は変わりますが、
実家の、私が大学に行くまで過ごした部屋に久しぶりに入りました。

プロレスのポスターに交じって、渥美清のポスターが貼ってあり、机の上には渥美清のブロマイドが飾ってました。
FullSizeRender
中学生の私は、プロレスと「男はつらいよ」に傾倒していました。
プロレスについて話せる友人はいましたが、「男はつらいよ」について話せる友人は誰ひとりおらず、思い出してみると寂しかったなあ。

当時の私は、寅さんの甥の満男(吉岡秀隆)の目線で常識から自由な寅さんを見て、いろんなことを感じたのだろうと思います。
渥美清が亡くなり「男はつらいよ」シリーズは終わりましたが、私はいまだに折々にDVDなどで「男はつらいよ」を見返しています。

================

新作「おかえり寅さん」のあらすじ
《山田洋次監督による国民的人情喜劇「男はつらいよ」シリーズの50周年記念作品。/倍賞千恵子、前田吟、吉岡秀隆らに加え、シリーズの看板俳優であり、96年に亡くなった渥美清も出演。さらに、歴代マドンナからは後藤久美子、浅丘ルリ子と「男はつらいよ」でおなじみのキャストが顔をそろえる。柴又の帝釈天の参道にかつてあった団子屋「くるまや」は、現在はカフェに生まれ変わっていた。/サラリーマンから小説家に転進した満男(吉岡秀隆)の最新作のサイン会の行列の中に、満男の初恋の人で結婚の約束までしたイズミ(後藤久美子)の姿があった。》

小説家になった満男は、イズミではない女性と結婚をし、娘を授かります。
しかし満男の妻は病気で亡くなり、一人で娘を育てていました。
一方、イズミは国連の職員となり、フランスで家庭を築きながら多忙な日々を送っていました。

なんだか、吉岡秀隆と後藤久美子の実人生と絶妙に重なっています。

================

満男は、くじけそうになったときどきに、おじさん(寅さん)のことを思い浮かべ、人生のピンチを乗り越えていきます。
物語のところどころで、「男はつらいよ」の過去のシーンが挟み込まれます。
満男を励ますように、在りし日の寅さんが現れ、寅さんの言葉が蘇るのです。

《フレー、フレー、みーつーお!》

《困ったことがあったらな、風に向かって俺の名前を呼べ》

お守りのような記憶です。

================

「徹子の部屋」に山田洋次が出ていたので、見ていました。
山田洋次は、何年か前に奥様を亡くしたのだとか。

「おかえり寅さん」では、小説家の満男は妻を亡くしています。
孤独な満男は、山田洋次自身だったんだと「徹子の部屋」を見て気がつきました。
FullSizeRender
山田洋次はインタビューで、「渥美さんなら、こう言ったんじゃないかなあ」とか、「渥美さんなら、こんな顔をしたんじゃないかなあ」なんてことを必ず言います。
ことあるごとに渥美清(寅さん)を思い浮かべる山田洋次は、寅さんの記憶に励まされている満男なのでした。

映画は、小説家の満男が、寅さんのことを小説に書いてみよう、というところで終わります。
「おかえり寅さん」は、山田洋次がもう一度渥美清(寅さん)を映画にするまでを描いた作品なのだと思いました。

================

実家の私の部屋に「男はつらいよ」日めくりカレンダーが残っていました。
FullSizeRender

中学生のころ、私は映画館へ行き一人で「男はつらいよ」を見ていたような少年でした。
「男はつらいよ」が好きなんて、恥ずかしくてクラスメイトには伝えていませんでした。

二十数年前。
映画館で「男はつらいよ」を見終えて外に出たとき、クラスメイトと出くわしてしまったことがありました。
そのとき私は、聞かれてもいないのに「『男はつらいよ』を見にきたんじゃないから!『サラリーマン専科』を見にきただけだから!」と強弁した記憶があります。
(「男はつらいよ」は「サラリーマン専科」(主演:三宅裕司)と二本立てだったのです)

いまなら「男はつらいよ」が好きだと堂々と言えるんですけどね。
というか、振り返ってみると「サラリーマン専科」のほうが「男はつらいよ」より恥ずかしいような気がするんですが。

================

満男が寅さんに励まされて生きてきたように、山田洋次は渥美清のことを思い出しながら生きてきたんじゃないかと感じました。
そして私も「男はつらいよ」に背中を支えてもらっていたんだと気がつきました。
mixiチェック

妻君が小さなクリスマスツリーを飾りました。
FullSizeRender

とはいえ、ずっと前から私は、クリスマスというものに対して腑に落ちないでいました。
このごろは、街中のクリスマスイルミネーションや浮かれムードが当たり前になり、自然と受け入れてしまっていました。
しかし、20才前後のころの私は反骨的で、クリスマスの街に出るたび舌打ちをしていたものです。

================

話は変わりますが、
文化放送の「伊東四郎・吉田照美 親父パッション」というラジオ番組について書きたいと思います。
「親父パッション」の中に「親父大学」というラジオコントのコーナーがあります。
吉田照美(教授)が伊東四郎(生徒)に講義をするという設定。

年末になると、このコーナーで恒例のやり取りがあります。
ちなみに、去年の放送はこんな感じでした。

伊東四朗「おい教授、12月24日と25日は何の日か知っているか?」
吉田照美「クリスマスイブとクリスマスでしょ」
伊東「バカもん!12月24日は『納めの地蔵』だろうが!そして12月25日は『しまい天神』!」
吉田「『納めの地蔵』?そんなの知りませんよー」
伊東「じゃあ12月19日と21日は何をしてた?」
吉田「そんなの覚えてませんよ」
伊東「なにー!?19日は『納めの観音』、22日は『納めの大師』。教授はどこの観音様と大師様にお参りしたんだ?」
吉田「え!?お参りなんかしてませんよー」
伊東「バカもん!」

(※私の記憶に基づいて書き起こしましたので、微妙に違っていると思いますがお許し下さい)

================

私はクリスマスになると、浮かれムードについていけず重い気分になっていました。
伊東四郎による、12月24日は「クリスマスイブ」ではなくあくまで「納めの地蔵」なんだという、世間へ冷や水をぶっかける一言。
いやあ、爽快でした。
クリスマスという「暗黒世界」に、お地蔵様が現れ、後光で世界を照らしてくれたがごとしです。

================

先週の日曜日、4才になったばかりの息子と「ゲゲゲの鬼太郎」を見ていました。
来週の予告編を見て、私は仰天しました。

IMG_2119
IMG_2120
IMG_2123
IMG_2118
私は飲んでいたお茶を噴き出しました。
目が点になる息子。

さすが鬼太郎。
ポカンとしている息子には、「悪い子のところへは、妖怪のサンタさんが来るからね」と言いました。

================

ある日の信濃毎日新聞。
FullSizeRender
CWニコルがサンタの格好をして、福祉をしているという記事。

クリスマスの影で悪さをしている連中は、そのうちCWニコルの餌食になるでしょう。
CWニコルのヒゲと髪が伸びて体に絡みつき、生気を吸い取られ骨と皮だけになってしまうのです。

================

伊東四郎(地蔵)とCWニコル(サンタクロース)のお陰で今年も平和にクリスマスを迎えられそうです。
mixiチェック

妻君が録画した「世界の果てまで行ってQ」を見ようとすると、「24時間テレビ」のクライマックス(最後の1時間)が画面に現れました。
「24時間テレビ」放送のため「世界の果てまで行ってQ」はお休み。
「残念だー」と、妻君はテレビを消そうとしました。

================

私は、その録画を見ることにしました。
というのもテレビ画面の中に、みすぼらしいジイが登場し、「殿の、おなーりー!」と叫ぶや否や、殿が悠々と登場したからです。

FullSizeRender
ジイ「皆のもの、頭が高い。控えい、控えい!」
(写真右から2人目がジイ。中央が殿)
FullSizeRender
殿様「ジイ、おぬしミイラみたいじゃぞ。あまりカッカするでない」

================

24時間テレビは、「感動の挑戦」という爆撃を延々続ける、持久戦のようなものスゴイ番組です。
カネと時間を惜しみなく使った、テレビ局の社運をかけた番組だと思われます。

この番組のクライマックスは、殿様(加山雄三)の歌と、毎年決まっているのです。

「いや〜、暇だったから、きのうからずっとテレビを見ていたね〜」(※これは本当に言っていました!)
無邪気な発言。

================

FullSizeRender
アナウンサー(家臣)「殿、前座たちのステージが終わりました」
ジイ「下々のものに、お歌をご披露くださいませ」
FullSizeRender
家臣たちに促され、舞台中央に招かれる殿。

「24時間テレビ」のクライマックスにあわせて、マラソンランナーがゴールし、殿様に花を添えるというのが、この番組のお約束。
FullSizeRender
殿は気持ちよく熱唱。

しかし、マラソンランナーは番組終了時刻というのにゴールしません。
テレビ画面は、マラソンランナーの走る姿ばかり。
FullSizeRender
つまり殿様の熱唱姿がテレビ画面にアップされないのです。
(殿は写真右下)

結局、ゴールしないまま、エンディングロールが流れ番組は終了。
ジイ「この不手際、面目ござりませぬ!腹を切る所存でござりまする」
殿「よく申した!苦しゅうないぞ」

================

(おまけ1)
即身仏のような谷村新司を見て、数ヶ月前に読んだ週刊文春の興味深い記事を思い出しました。
FullSizeRender
2018年11月29日号の中吊り

殿(加山雄三)が無邪気に、「おぬしの倅は、元気にしておるか?」だの「ジイは信心に篤うて、感心じゃ」(※谷村は怪しい霊能者に傾倒)だのと言ってくれるのではないかと、私は密かに楽しみにしていました。
もちろん、そのような発言はありませんでしたが。

================

(おまけ2)


mixiチェック

房総半島旅行(その4)

成田山を参拝し、帰路につこうというとき、
妻君「せっかくここまで来たんだから、香取神宮も行こうか」。
香取神宮は、千葉と茨城の県境(霞ヶ浦の南側)にある歴史ある神社です。
急遽、香取神宮へ行くことになりました。
FullSizeRender
FullSizeRender
香取神宮
明治以前、「神宮」を名乗っていたのは、伊勢神宮と香取神宮(千葉県)、鹿島神宮(茨城県)のみだったとか。
由緒ある神社です。
FullSizeRender
合掌する私(イメージ写真)
映画「民暴の帝王」より

================

香取神宮を参拝して、帰路につこうというとき、
妻君「せっかくここまで来たんだから、鹿島神宮まで行っちゃおうか」。
鹿島神宮は、霞ヶ浦の北側、つまり、香取神社の対岸にあり、すぐに行けてしまう場所なのです。
FullSizeRender
鹿島神宮
鹿島と香取は昔から深く関わりがあったそうですね。

================
================

「やすらぎの刻~道~」という倉本聰脚本のドラマは、私の毎日の楽しみです。
老人ホームで暮らす脚本家役の石坂浩二(菊村栄)が、主人公。
石坂は、太平洋戦争のころの山梨を舞台にした物語を書いています。
その脚本(劇中劇)の中に、剣道場のシーンがあります。
いまから70年以上前の田舎の剣道場の神棚に、一対の掛け軸がかけられていました。
FullSizeRender
奇しくも「鹿島大明神」と「香取大明神」。

この「鹿島・香取」の掛け軸のセットは、武道にまつわるところでは一般的なのでしょうか。

================

話を戻します。
FullSizeRender
鹿島神宮の奥には、鹿がいました。
そういえば、鹿島神宮の近辺にはいたるところに鹿島アントラーズ(鹿のキャラクター)の看板がありました。

================

先日のNHK「ブラタモリ」の特集は「ちばらき」でした。
千葉と茨城の県境の地域を「ちばらき」というのだそうです。
FullSizeRender
鹿島神宮でお参り

「ブラタモリ」の中で、平安時代に鹿島神宮の神が、鹿に乗って奈良へ出かけたという伝説が紹介されていました。
FullSizeRender
(右:鹿島から奈良へ行く神)
奈良で鹿が神様扱いされているのは、「ちばらき」の鹿に由来しているとのこと。

また、ブラタモリによると、平安時代、ヤマト朝廷にとって「ちばらき」の霞ヶ浦は、蝦夷(東北)に対する軍事拠点として非常に重要な地域だったのだとか。
霞ヶ浦は、太平洋と内陸を繋ぐ水運の要所で、派兵や大量の物資輸送が可能な軍事拠点でした。
FullSizeRender
そんなわけで「ちばらき」の鹿島神宮と香取神宮には、勇ましい武神を祀っているとのこと。

なるほど。
剣道場に勇ましい「鹿島・香取」の掛け軸がかけられている、というのに得心しました。
武道の神は、「蝦夷に勝つぞ」の神なのでした。
(ただ、東北の古代文化ファンの私はどうしても蝦夷贔屓になり、仲良くしていただきたいところですが)

================

(おまけ)
大納言というのは、平安時代(や奈良時代)の高位です。
「やすらぎの刻」にも大納言という役名で一世風靡した役者という設定で、山本圭が出演していました。
その大納言(山本圭)が、ドラマの中で死にました。
FullSizeRender
往年の「大納言」役の決めゼリフが、公家の格好をし歌舞伎調で「いかにもォ〜」。
大納言が亡くなり、友人の加賀まりこが献杯。
FullSizeRender
「いかにもォ〜」
FullSizeRender
一同「いかにもォ〜」
名シーンでした。

mixiチェック

「それからの武蔵」というドラマのDVDを見ました。

FullSizeRender

主演は、萬屋錦之介(宮本武蔵役)。


武蔵(萬屋錦之介)が恋人(酒井和歌子)にプロポーズ。

FullSizeRender

抱きしめながら結婚を迫ります。

すると萬屋の意に反して、恋人は「私は出家をして仏とともに生きます。武蔵様は剣の道をお進み下さい」。

なんとフラれてしまうのです。

FullSizeRender

すると萬屋は突然逆ギレ!

萬屋「坊主どものまやかしに騙されおって!地獄に落ちるのは坊主どもじゃ!」

僧侶に八つ当たりを始めます。

萬屋「悟りだの回向(えこう)だの人間を因果の枠に閉じ込めてぇぇ、堂々巡りの輪廻に縛りつける坊主どもには虫酸が走るわー!」

すごい脚本です。


================


そこで「因果応報」を辞書で調べました。

《人はよい行いをすればよい報いがあり、悪い行いをすれば悪い報いがあるということ。》

もともと仏教の言葉のようです。

なるほど。


================

================


話は変わります。

数年前、妻君へのクリスマスプレゼントに赤い長袖のシャツを贈ったことがありました。

よーく、柄を見ると、

FullSizeRender

JaKuCho 

《寂聴》です。

キリストの誕生日に敬愛する怪僧・瀬戸内寂聴のTシャツをプレゼントしたのです。


パジャマとして毎日のように寂聴シャツを着ていた妻君に、「気に入ったんだね?」と訊きました。

すると、「早く傷んじゃえばいいなーと思って。けっこう着ているんだけどさすがメイドインジャパンだね、丈夫だね・・・」。

いまは、息子のパジャマとして毎日のように着せているのですが、まだ傷みません。

仏のご加護が、解けない呪いのようにわが家につきまとっています。


================

================


話は変わります。

Aしざわさんという大学からの友人の結婚式に出席しました。

Aしざわさんいわく「引き出もの、Kばやしくんのだけ違うんだ。間違えないでね」

私は結婚式の受付を手伝っていたので、引き出ものの中に金一封を忍び込ませているのだろうと早合点したのです。


帰宅し、わくわくして引き出ものの包装紙を開くと・・・、

FullSizeRender

ひー。

FullSizeRender

ひえー。


包装紙の中から瀬戸内寂聴の日めくりカレンダー、寂聴の卓上カレンダー、説法のCDが、次々と飛び出してきました。

ぎゃー。

「舌切り雀」という昔話では、悪いおばあさんがつづら箱を開けると、魑魅魍魎が飛び出したといいます。


引き出ものの中から飛び出した寂聴グッズという魑魅魍魎に唖然とする私。

そんな私を見て、妻君は「あなたはAしざわさんという良い理解者を得て、幸せものだね」とバッサリ。

そのとき私は「因果応報」という仏教の真理を、瀬戸内寂聴に教えられていたのです。


================


妻君にプレゼントした寂聴Tシャツが、寂聴カレンダーという形になってわが身に襲いかかってきたという因果。

私は、この因縁を有り難く合掌し受け取りました。


================

================


(おまけ)

私がリビングで、どこに寂聴カレンダーを飾ろうかな、とキョロキョロしていると、

妻君「わが家に貼るのはやめてね。寂聴は会社の壁で!(キッパリ)」

あまりにはっきりとした妻君の態度に私は叫びました。

「寂聴を否定するなんて、この萬屋錦之助め!」(心の中でひっそりと)

mixiチェック

このページのトップヘ