厄除け日記 (by Kばやし)

厄除けのように、好きなことを集めて書きます。 30代。 俳号は軽囃子(けいばやし)

長野市在住

四月になりました。春風に吹かれながら鼻歌を歌う私。
そのとき思い出したことです。

================

ある夜。
私は、居酒屋のカウンターでマスターと話していました。

マスター「Kばやし君はカラオケ行ったら何を歌うの?」
私「もちろん《きよし》ですよ」
マ「あ、氷川きよしね」
私「そっちの《きよし》じゃありませんよー」
マ「まさか、前川清?」
私「そっちの《きよし》でもないです」
マ「え?誰??」
私「そりゃーもちろん・・・

 
中条きよしです!」
(きっぱり!)

================

 春風に吹かれて、鼻歌を歌う私。
「うそ」(中条きよし)

2番のサビの歌詞が秀逸です。
《♪ああ、一緒になる気もないくせに
  ああ、花嫁衣装はどうするの?
  僕は着物が好きだよと
  熱い口づけくれながら
  冷たい嘘のつける人♪》(by山口洋子)

中条きよしの「うそ」を歌いながら、エイプリルフールはきのうだったと思い出したのでした。




mixiチェック

映画は、流行じゃなくそのときの興味で観るタチです。

北陸新幹線が開通して、長野駅も盛り上がっています。私もいつか乗りたいものだと思いながらDVDを借りました。
「新幹線大爆破」(東映)!

高倉健(健さん)が爆弾を仕掛けたため、80㎞を下回ると爆発してしまう新幹線。
汗をかきながら新幹線を操縦する千葉真一(千葉ちゃん)、司令塔で指示を出す宇津井健。
よくできた設定です。

でも、東映のエライところは、新幹線の乗客の中に破水間近の妊婦がいたり、「大阪で降りなければ10兆円がパーになる!」と喚く商社マンがいたり、車内電話に群がり暴動を起こす乗客がいたり、太鼓を打ち鳴らす法華経信者の一団が車両にいたりするところです。
これぞ東映センス。

元JR員だった細君いわく「司令塔はリアル」とのことでした。

================

次のNHK大河ドラマは「真田丸」とのこと。

で、歴史に弱い私は、勉強せねば!とDVDを 借りました。
「真田幸村の謀略」(やっぱり東映)!

勉強になったかというと、うーむ、ノーコメント。

真田昌幸を演じる片岡千恵蔵(御大!)が、萬屋錦之介(錦ちゃん!)の演ずる徳川家康に謀殺されます。
で、復讐心に燃える真田幸村(松方弘樹)。

で、いきなり、ラストシーンです。

真田幸村(松方)が、徳川家康(萬屋)を一騎打ちまで追い詰め・・・、
(おいおい東映、歴史を無視か)
松方の一太刀!
(ま、まさか東映)

萬屋のクビが、真上に10mほど、ビヨーンとバネ仕掛けのように飛びます。暗殺!
(黒ひげ危機一髪みたいですよ)


勉強にはなりませんでしたが、しかし、東映のことがまた好きになりました。
怪演の萬屋錦之助のことも。

mixiチェック

はじめまして「Kばやし(ケーばやし)」です。
image
ひょうたん製(手作り)。


ひょうたんというものは入れ物になったり楽器になったりお守りになったりと、あちらこちらで文化を支えてきたらしく、私などがこんな姿でおこがましいですが、宜しくお願いします。 

愛嬌がありスッカラカンなのに縁起が良いひょうたん。健康と多産のイメージですね。
くびれの下には、もう一つ空間があって、それは異世界(宇宙)の象徴でもあるとか(ないとか)。
(池澤夏樹先生がなんかの書評で書いていたから合っていると思いますよ)


家族を紹介します。
向かって右が細君です(ひょうたん製)。
IMG_0198
お世話になります。



職場を紹介します。
DSCF0033_R
葉っぱ(笹や柏など)の加工・販売や、菓子の材料を卸しております。


mixiチェック

このページのトップヘ